HOME | Seminar | 受講の順番

受講の順番

セミナー受講に際して、受ける順番などのご質問をよくお受けします。
ここでは、rfcaセミナーの大枠をお伝えいたします。
  
 

◆ re・Frame exercise®(rfe)シリーズ

rfcaの基礎となるexerciseシリーズとなります。
 
●Basicシリーズ(rfe-Basic:各3時間)
 ├骨盤・腰部コンディショニング
 ├胸郭・頸部コンディショニング
 └美脚コンディショニング
 
 
●Advancedシリーズ(rfe-Adv:各6時間)
 ├骨盤・腰部コンディショニング
 ├胸郭・頸部コンディショニング
 ├美脚コンディショニング
 └歩行評価と修正アプローチ
 
に分かれていますが、基本的にはBasicとAdvancedで一つの内容となっており、Basic⇒Advancedの順番で受けて頂くことで理解が進みやすくなっています。
 
「歩行評価と修正アプローチ」のみAdvancedセミナーからの開始となりますが、基本のコンディショニングを覚えた後に、日常生活において一番多い機能的動作である「歩行」の理解をすることで、より質の高い抗重力動作における機能改善が可能となります。
 
初めてセミナーに参加される方は、まずはこの「re・Frame exercise®シリーズ」から受けて頂くことをお勧めしております。
 
 

◆3step7exerciseシリーズ

このシリーズは、re・Frame exercise®のフォローアップセミナーとして作られた症状・ニーズ対応型基礎パッケージとなります。
 
基礎となるre・Frame exercise®を受講した後に、こちらのシリーズに参加することで、クライアントのニーズに合わせたプログラムの構築の仕方が理解できます。
 
ただしモデルエクササイズは僅か7個で構成されているため、あくまでも「プログラム構築の基礎を学ぶ」ための内容としてご理解ください。
 
なお、re・Frame exercise®シリーズを受講せずに、3step7exerciseシリーズから受講してもらうことも可能です。ただしre・Frame exercise®シリーズを受けているという前提で資料構成されておりますので、機能解剖学的な説明部分はかなり省かれております。その点ご理解の上ご参加お願い致します。
 
 
●痛み改善系シリーズ(各2時間)
 ├肩関節痛アプローチ
 ├腰痛アプローチ
 └股関節痛アプローチ
 ※膝関節痛に関しては「rfe-Basic」が対応する内容となります。
 
●美容系シリーズ(各2時間)
 ├フェイスリフト3つの法則
 ├くびれをつくる3つの法則
 └美尻をつくる3つの法則
 
の計6タイトルが用意されております。
 
 
【ご確認ください】
re・Frame exercise®は、様々な「歪みのパターン」を理解し、その改善方法に関して「解剖学的視点」からアプローチする内容として、身体の部位別に分けて作られています。
 
解剖学的視点から作られたエクササイズ群のため、再現性が高くでますが、解剖学にあまり詳しくない方や、re・Frame exercise®の全体像が理解できていないケースでは、「なぜ効果がでたのか、その理由がわからない」という事がおきたりします。
  
3step7exerciseシリーズは、そうした方の理解を深めるために、痛み改善や美容プログラムに関して、基礎的な考え方とプログラムのモデルケースとして作ったものなのです。
 
re・Frame exercise®を基につくられているため、3step7exerciseシリーズにおいては、各セミナーでお伝えする各部位へのコンディショニングの内容やエクササイズが被る部分が一部あります。
 
(例)腰痛アプローチ⇔美尻をつくる3つの法則
被るポイント:骨盤を安定させるアプローチ
 
(例)股関節アプローチ⇔美尻をつくる3つの法則
被るポイント:股関節を安定させるアプローチ
 
(例)フェイスリフト3つの法則⇔肩関節アプローチ
被るポイント:胸郭を安定させるアプローチ
 
 
クライアントの要望に対応するために、痛み改善と美容、それぞれ違う視点から同じアプローチ方法が有効に働くことが理解できると、現場での応用力は各段にアップします。
 
ただし、「少しでも内容が被っているものは受けたくない」という方は、痛み改善系を受けた方は美容系を、美容系を受けた方は痛み改善系を、それぞれ受けないようにされてください。
 
極端に言うならば、re・Frame exercise®-Basic&Advancedを受けた後、機能解剖の観点より、痛みや美容のニーズに対し、エクササイズを現場応用できる方は、3step7exerciseを受けなくても大丈夫です。
 
 

◆イントロダクションセミナー

こちらのシリーズは、各種ツールの使い方を学ぶためのセミナーです。
 
●CoreCradle® イントロダクションセミナー
●Lips-SC-™ イントロダクションセミナー
●ちょいサポ® イントロダクションセミナー
 
rfca資格取得のための必須セミナーではありませんが、各種ツールの使い方を知るための導入セミナーとしての位置付けとなっています。
 
各ツール毎に現場で使いやすい8~10個のエクササイズを学んでいきます。
 
取りあえず「ツールの使い方を知りたい!」という方はまずはこのイントロダクションセミナーからご参加ください。
 
 

◆re・Frame exercise®マスターコース

rfca認定 rfe-スペシャリストの資格保有者のみが参加できるセミナーとなります。内容は受講者にのみ告知されます。